読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE SOUND OF SECRET MINDS

LSTDのブログです

『Perfume 4th Tour in DOME「LEVEL3」』

ツアーも終わり、ようやくネタバレを気にする必要もなくなったので、今更ながら12月7日のツアー初日「京セラドーム」公演の感想などを書き留めておきたいと思います。
まあ、だいぶ記憶も薄れてしまったので、箇条書きなメモ程度でスイマセン。



f:id:LSTD:20131228022606j:plain



1.4公演で述べ16万人とか。本当に凄い。西脇さんが、早い時間に物販に100人以上並んで居る様子をスタッフに聞かされて、相変わらず売れない時代のライブハウスのキャパを引き合いに出していた。ま、私が初めて観たのはポリリズムでブレイク後のSHIBUYA-AXで1,500人くらい? その後、GAMEツアーでの新潟LOTSが700人。本当に近かった。手を伸ばせば届きそうな。今ではもう遠すぎてステージのセットを観に行っているようなもんだからねえ。もう巨大スクリーン越しに3人の姿を拝見することしか出来なくなってしまった。


2.オッサンが増えた様な気がする。まあ、私もオッサンだが(笑)。前回のツアーの時は20~30代ロキノン系男子的な感じの人達が急増していた感があったのですが、今回はそれにも増してオッサンの姿が目立った。つうか、私の席周辺のブロックが異常だったのか、、。とにかく周りはどう見ても40代以上ばかりで、ぽつんと20代女性が一人座らされていて気の毒になった。


3.そんな一角で観覧していたので、ほぼ私一人でダンスミュージックマナーにのっとって踊っていた。幸い両隣の座席が最後まで埋まらなかったので、ゆったりと過ごす事が出来た。ちなみに京セラドームはジャンプ禁止。ロキノン系のノリは御法度ね(笑)。でもダンス禁止じゃないのにw
大阪はクラブNOON問題の土地だからみんなびびってるんですか?


4.アルバムリリースツアーなので当然新曲中心のセットリストですが、エレクトロ・ワールドやコンピューターシティをやってくれたのは嬉しかったです。まあ、他にも聴きたい過去曲はたくさんあるんですが、過去を引き摺るより新曲を届ける方が大事ですからね。
音質的にはドームのスタンド席なので期待する方がむりでしょ。音量はそれなりにあったのに音圧はさほど感じられなかった。ただ、両耳に手のひらを当てると高音域が程よく集音されて耳に届く事を発見して、しばらくそんな格好で身体を揺らせながら音を楽しんでいました。
「ふりかえるといるよ」はベースミュージック並みの重低音を期待していたんだけど、残念。でも、エレワとかシティの昔の曲の方が最近の楽曲よりボトムが厚いよね。


5.ステージ演出は全体を見渡せましたが、詳細が良く解らず。そのうちDVDが出ると思うので楽しみに待つことにする。今回はクレーン(?)演出があったので、次回は宙吊り演出でw
考えたらパフォーマー3人であの空間を埋める訳だからね、凄い事です。スタッフの皆さんもお疲れ様でした。
『美しく麗しい3人』の姿を余すところなく演出してくれた事に感謝申し上げます。


6.しかし、アンコールが「Dream Land」1曲って、あっさりしすぎだなあw



f:id:LSTD:20131228103601j:plain



今回ライブを観ながら感じたのは、Perfume界隈においてとうとうダンスミュージックがクラブカルチャーに結びつかなくなったってこと。つまり音楽がダンスに結びつかないし、そうである必要も無い。
ところが最近、身近に「ある事象」が起きていて、不思議に感じているんです。
この画像(http://lstd.tumblr.com/post/307048390/sample-30-sample-29-re-edit-type-1)、自分がECLER(スペインの音響機器メーカー)のDJミキサーユーザーなので、遊びで作って2009年にTumblrにPostしたものなんですが、当時はそれほど見向きもされなかったんですね。その当時ですら既にPerfumeをクラブカルチャーの文脈で語る人も居なくなりつつありましたから。
ところが、最近になってようやくこの画像が頻繁にリブログされるようになったのですが、何が起きているのでしょう。だって京セラドームのあのお客さんたち、こういうのに興味が無さそうにしか見えなかったんだもん。つか、興味があるならダンスミュージックマナーで踊るでしょ?
謎です。